その他 つれづれ

残暑お見舞い

毎日、毎日、猛烈な暑さが続きますね。皆様ご無事でお過ごしでしょうか。
今日は残暑お見舞いを兼ねて、少し気分を変えてお箏とは全く関係のないお話を。

夏休み

実は私、7月の最後の週は夏休みをいただいていました。

コロナの影響もあって予定していた旅行は自粛し、いつもの嬬恋の家で一週間のんびりと過ごしてきました。

既にお教室の皆さんはご存じの通り、嬬恋には義母が遺してくれた家があるのです。浅間山の麓、標高1200mの山の上にあるその家は、夏でも夜には寒さを感じるほどの涼しさで。

しかもテレビも電話も、インターネットも繋いでいないので、過多な情報に一喜一憂することもありません。何もせず、何も考えずに過ごす時間の贅沢さを改めて感じました。

生活は大変?!

とはいえ、ここで暮らすのはなかなか大変です。

一番近いコンビニでも車で5分。歩いたら30分以上かかります。

コロナの影響もあってか地域で唯一のスーパーは閉店してしまい、ちょっとした買い物にも山を下らなくてはならなくなってしまいました。

近所の老舗のレストラン、蕎麦屋なども次々に廃業。

一週間くらいの滞在であれば持ち込んだ物でなんとかなりますが、日々ここで食べていくとなると、主婦としてはかなり大変な環境になってしまいました。

豊かな自然と、生活の便利さと、その両方を求めるのはなかなか難しいことではありますね。

気分転換に

そんな滞在中の私の楽しみは、日がな一日、家の周りにやってくる鳥や動物を観察すること。見ていると、動物にもそれぞれの個性があって飽きることがありません。

ということで、皆さんにも何枚か高原の写真をお届けします。酷暑の日々の中、少しでも気分転換していただければ幸いです。

まだまだもうしばらくは暑い日が続いてしまいそうですね。コロナの感染拡大も心配です。

どうか皆様くれぐれもお身体に気をつけて、この夏を無事に乗り切ってください。

コメント